FXとは

FXとは外国為替証拠金取引のことをいいます。


Fは「Foreign(フォーリン)」の頭文字であり、外国や海外といった意味があります。
Xはというと交換するや両替するなどの意味がある「Exchange(エクスチェンジ)」の2番目のXを用いています。
正しくは、「Margin foreign exchange trading」の略になります。


FXというと難しそうに感じますが、日本円と海外の米ドルなどといった異なる通貨を交換する取引であり、少額の証拠金により外貨を大きく運用し、利益を得ようとするものです。
証拠金を用いることで、担保にした金額以上の運用ができるようになります。


取引は24時間行うことが可能です。
為替市場というのは、世界のどこかで必ず動いているからです。
仕事帰りや深夜においても活発に取引を行えるため、会社員でも主婦でも時間に束縛されることなく自分の都合に合わせて利益を得ることができます。
株式の場合だと日本の売買時間は9時~15時に決まっているので売買する人に制限がありますがFXの場合はありません。


FXの人気が高いのは、人を選ばないというところにあります。
また、FXは売ることからスタートできます。
これは円高だとしても利益を得るチャンスがあるということです。
例えば、一般的な外貨の金融商品だと円を売って外貨を買うといった取引しかできないため、円安や外貨高が進まない限り利益を生むことができません。
しかし、FXの場合は円を買って外貨を売るという取引もできるのです。
様々な取引の可能性を秘めているのがFXです。
当サイトではFXを始めたい人に向けて、FXを解説いたします。

Copyright © 2014 FXを始めよう All Rights Reserved.